とよた森林学校とは

 
とよた森林学校は平成18年に開校し、森の中での自然観察や、チェンソーを使った人工林の間伐など、子どもから大人まで参加できる様々な講座を開催しています。
 森の仕組みや動植物に興味のある方、林業に就業したい方、
間伐ボランティアになりたい方、自分の所有する山の管理に悩ん
でいる方など、自分にピッタリな講座がきっと見つかります。
 森の中で見たり、聴いたり、触ったり・・・五感を使って豊田の森
を満喫しましょう。 知るは楽しみなり!



 

                      学校の目的
                      @チェンソーを使った人工林の間伐ができる人材を育てる
                      A今まで関心の薄かった森林所有者に森林や林業の基礎知識を解説する
                      B森林、林業の理解者「森の応援団」を増やす





学校の特徴
・とよた森林学校に校舎はありません。主に市内のどこかの森で、毎週の
ように森林・林業に関する講座を開催しています。
・とよた森林学校は豊田市が主催し、豊田森林組合が運営しています。
・これまでにのべ1万人以上が受講し。2016年には「Forest Good
2016 間伐・間伐材利用コンクール」で最高賞である林野庁長官賞を受賞しました。





 


     〜初めての方へ〜