どんぐり博士養成講座  2011    

 
ブナ科の樹木を集中して観察し、この地域本来の自然の姿を考えます。
 
 
H23年度日程開催のようす
日付 内容 場所
10/8
(土)
ブナとミズナラのどんぐり
を捜そう
段戸裏谷
 
ブナ帯のドングリを探しに行きました。今年は大木のある林内よりも、林道の上の方に沢山落ちていました。敷き砂利にまぎれたブナの実をひろいます。
 
地面をよく見ると、松ぼっくりのエビフライよりずっと小さなエビフライが沢山。栂の実をネズミが食べた跡のようです。何ネズミでしょうね。
10/23
(日)
カシワのどんぐりを捜そう 豊田市
築羽地区
 
午前中は室内で、どんぐり全般の楽しいお話。どんぐりを植えるときは?などクイズもあり、お土産のブナの実を食べました。午後からはちょうど雨が止み、カシワを中心に沢山の木の実が見られました。
11/5
(土)
イチイガシなどカシ類とシイの
どんぐりを捜そう
豊田市
加納町・亀首町
 
猿投地区も今年はどんぐりが豊富で、拾うのに大忙し。シイの実を試食し、どんぐりから昔の食生活を想像します。身近な木の実を食糧にしていたんですよね。

木の上のどんぐりをカメラでパチリ。昨年の大不作年のリベンジで参加された受講者さんは、感激もひとしおです。
 
 
●講師
 
 豊田市森林課 北岡明彦